ルーレットの勝ち方を把握して自分のスタイルで楽しもう

ルーレットの魅力は多々ありますが、シンプルなので初心者でも気軽に楽しめる一方、奥深さも備えていることから上級者にとっても楽しめる幅広さこそ、大きな魅力です。
つまり、勝ち方も様々です。

いわゆる堅実な勝ち方を求めることも可能ですし、一攫千金を狙った大きな勝負に出ることも可能です。
ルーレットに限らず、ギャンブルは自分のスタイルを見つけることが大切なので、ルーレットでもまた、まずは自分のスタイル・勝ち方を構築することが大切です。

ルーレットはシンプルだけど奥が深いゲーム

ルーレットはシンプルだけど奥が深いゲーム

ルーレットは0から36、あるいは37までの数字が記載された盤面が回転します、そのいずれかに玉が落ちます。
どこに落ちるのかを当てる、運の要素が強いゲームです。

つまり、プレイヤーのギャンブルスキルはさほど必要ありません。
もちろんベット術等を駆使するのであればスキルが求められますが、そこまで深く考えず、どこに玉が落ちるのかを当てるかを考えるだけでも十分に楽しめます。

ルーレットの賭け方として、まずは大きくインサイドベットとアウトサイドベットの2種類に分類できますが、一般的に初心者はアウトサイドベット、上級者はインサイドベットとされています。
その理由として、アウトサイドベットの方がオッズが低い、つまりはリスクが低い勝ち方になります。

偶数や奇数、色など大きな枠組みを賭けることになるアウトサイドベットは、当たる確率も2分の1や3分の1など高めです。
2分の1のものであれば、2回に1回は当たる計算になりますので、初心者としても楽しみやすいことでしょう。

しかしインサイドベットに関してはオッズが高いからこそ、当たる確率も低い勝ち方が多いです。
例えばストレートアップ。
こちらは数字をピンポイントで当てるものなので、当たる確率としては36分の1から37分の1。

つまり、36~37回ベットして1回当たるかもしれない確率になりますので、なかなか簡単には当たりません。

しかし、オッズは36倍から37倍になりますので、当たった時のリターンは、アウトサイドベットとは比べ物になりません。
この点は上級者にとって魅力的な特徴となっていることでしょう。

もちろん上級者といって必ずインサイドベットを行わなければならないこともなければ、初心者であってもインサイドベットにチャレンジする自由があるのは言うまでもありません。

ルーレットの勝ち方を設定しておこう

ルーレットの勝ち方を設定しておこう

ルーレットを楽しむのであれば、初心者であれ上級者であれ、まずは勝ち方をイメージすることが大切です。

先にもお伝えしたように、インサイドベットとアウトサイドベットが用意されていますが、これらはいわば勝ち方の分類と考えることもできます。
インサイドベットは比較的堅実な勝ち方が待っていますし、アウトサイドベットは派手な勝ち方が待っているからこそ、それぞれ初心者・上級者と分類できます。

つまり、自分自身が初診者か上級者かという点だけではなく、どのような勝ち方を想定するのかによって、賭け方も見えてくることでしょう。
できればリスクを抑え、堅実に勝ちを拾いたい人はアウトサイドベットの方が良いですし、多少のリスクがあるとしてもより大きな勝利を目指したいのであれば、インサイドベットにチャレンジした方が良いでしょう。

アウトサイドベットとインサイドベット

アウトサイドベットとインサイドベット

大きな勝利を目指すのであればインサイドベット、手堅い勝利を目指すのであればアウトサイドベット。
これがルーレットの勝ち方の不文律になるのですが、インサイドベットかアウトサイドベットかは自由です。

決して初めに設定しなければならないものではありませんので、例えばインサイドベットで楽しんでいたものの、なかなか思うように勝ちを拾えないので次のゲームはアウトサイドベットに賭けることも何ら問題ありません。
もちろんその逆も然りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です