カジノカフェの摘発について

オンラインカジノは法律に照らし合わせてみて本当に大丈夫なのでしょうか?不安に思う気持ちはわかります。
またメディアにてカジノカフェが摘発されるなどの報道に触れますと、ますます不安が募ってきたとする声が多く寄せられています。

しかしよく考えてみてください。
自宅で楽しむオンラインカジノとカジノカフェは形態が違うのです。
どちらも同じようなものなのでは、と思うかもしれないのですが、カジノカフェの場合にはカフェの運営者がプレイヤーとカジノサイトの仲介をおこなっているのです。
当然ながら、カフェのオーナーは仲介料や手数料を手にしていますので、国内の業者が賭博に関わっていると警察から判断されたのでしょう。

カジノカフェ

さらに警察が目を光らせているのは、こうしたインターネットカジノカフェ、略してインカジによる収益が暴力団の資金源になっている可能性があるためであり、十分に気をつけなくてはなりません。
以前は、オンラインカジノのサーバーが合法とする海外に存在していることもあり、警察側からすればこうしたカフェを摘発することが非常に難しかったのです。
しかしながら、法務省の刑事局では国内からゲームに参加している事象を一概に合法であるとすることを問題視しており、そのため国内で店舗運営しているオンラインカジノに関するお金の流れを徹底的に調査しています。

オンラインカジノは違法・合法?:https://onlinecasino-tips.com/legal.html

何度も申し上げますが、自宅でオンラインカジノを楽しむ場合には、あくまで海外のカジノサイト運営業者が相手となり、現金の流れも国内に仲介をするものが存在していませんので、問題が生じることはありません。
それから弁護士の中には、今後の動きとしてオンラインカジノを個人的に楽しんでいるプレイヤーを取り締まる方向に進むのでは、とする意見をもつ者がいます。
このような人物は、さまざまなメディアで意見を寄せているのですが、現時点におきましてどのような法律をもってしても取り締まることは不可能なのです。

一方では国会で進んでいるカジノ法案。
日本はさまざまな矛盾を抱えながらカジノに対する考え方が多様に変化しているのです。
そして私たちは最新の情報に注意しながら、今まで通りにオンラインカジノを楽しめばよいのでしょう。
また、海外の旅行者を取り込むためにもカジノに対するマイナスイメージを払拭する必要があるのでは。

いずれにしましても、店舗型のカジノカフェは摘発対象となってしまう可能性が高いと考えられていますので、十分注意するように!