オンラインカジノで異なる6種類のブラックジャック

ブラックジャックの基本ルールは、手持ちカードの合計を「21」にできるだけ近づけるといったシンプルなものです。

しかし、オンラインカジノには多種多様のブラックジャックが存在します。
それぞれ、ルールや配当が異なるため、実際に遊ぶ前に種類ごとの特徴やルールを理解しておく必要があります。

多種多様のブラックジャックが存在しますが、どのようなブラックジャックを採用しているかどうかはオンラインカジノによって異なります。
中には、できるだけ多くのブラックジャックで遊びたいという方もいるでしょう。

そのため、どのようなブラックジャックがあるのか、種類は豊富なのか、事前にブラックジャックの種類をチェックしておくと良いでしょう。

ここでは、どのような種類のブラックジャックがあるのか、具体的に説明していきます。

ブラックジャックには、「テーブルゲーム」「ライブカジノ」「ブラックジャックサレンダー」「パーフェクトブラックジャック」「ブラックジャックスイッチ」「プログレッシブブラックジャック」と、6つの種類が存在します。

それぞれ、どのようなブラックジャックなのか、ルールや特徴を紹介していきます。

テーブルゲーム

テーブルゲーム

ほとんどの人が思い浮かべる、一般的なブラックジャックが「テーブルゲーム」「プログラム型」と呼ばれるものです。
オンラインカジノに、数多のゲーミングプロバイダがブラックジャックを提供しており、ゲームはRNG(乱数発生器)によってプログラムされています。

プレイヤーは、自分のペースで自由にゲームを開始することが可能です。

テーブルゲームのブラックジャックにも、1人のプレイヤーが複数プレイできるものや、プレイの進行速度を速められるものなど、いくつかの種類が存在します。
また、テーブルによって、上限・下限のBET額が異なります。

ライブカジノ

先程説明したテーブルゲームは、機械と勝負を行います。
一方、こちらのライブカジノは、ディーラーと勝負を行います。

オンラインカジノでブラックジャックといえば、機械を相手いするイメージが強いでしょう。
しかし、ライブカジノとして、本場の雰囲気を味わえるゲームも、オンラインカジノでは数多く用意されています。

実際に、ランドカジノでプレイすることは難しい人が多いでしょう。
ここでオンラインカジノのライブカジノは、自宅にいながら本場のカジノさながらの雰囲気を味わうことができるため人気のあるゲームです。

ディーラーとチャットで会話できる・同じテーブルには世界中からのプレイヤーがいるという臨場感は、テーブルゲームでは味わえません。
そのため、リアルなカジノを体験したいという人におすすめです。

ブラックジャックサレンダー

ブラックジャックサレンダー

ブラックジャックサレンダーとは、その名前の通りサレンダーができるブラックジャックのことを指します。

そもそもサレンダーとは、「降伏する」という意味があります。
プレイヤーがディーラーに対し、降伏を宣言できるゲームとなっています。
最初のカード2枚が配られた時点で勝負しても勝てない場合や、ヒットしたら21を超えて負けてしまう恐れがある場合に使用するアクションです。

そのゲームの勝負を放棄するため、サレンダーした時点でプレイヤーの負けが確定します。
しかし、プレイを続行して負けた場合と違い、賭け金の半分を戻してもらうことが可能です。

パーフェクトブラックジャック

パーフェクトブラックジャックとは、基本的なルールはブラックジャックと同じですが、ペアにもBETすることができます。

どういうことか、具体的に説明します。
最初にプレイヤーとディーラーそれぞれのカードが、2枚配られます。
その最初のカード2枚で、ペアが成立するかどうかに賭けるペアベットができるものです。

プレイヤーとディーラー双方に賭けることが可能で、最初の2枚でペアが成立していたら高配当がもらえます。
仮に、ペアベットに賭けていなくても、通常通りにブラックジャックを遊ぶことが可能です。

ペアベットが的中し、配当がもらえれば、ゲームに負けても損失補填できます。
また、賞金をさらに上乗せさせることもできますので、大きく勝ちたい・稼ぎたい人におすすめです。

ブラックジャックスイッチ

ブラックジャックスイッチ

ブラックジャックスイッチとは、最初に配られたカードを交換することができるものです。
これだけでは、どういうことなのか理解しにくい人もいると思いますので、具体的に説明していきます。

通常のブラックジャックとは違い、ブラックジャックスイッチでは最初にハンド2つ分の合計4枚のカードが配られます。
ハンドが増える分、プレイヤーにとって有利といえますが、ブラックジャックスイッチでは、さらにハンド2組の2枚目をスイッチ(入れ替える)ことができます。

例えば、2組のハンドが「A・5」「6・J」だった場合、2枚目のカードを入れ替えることで、ブラックジャックを成立させることができます。
このように、プレイヤーにとって、かなり有利にゲームを進められるため、勝率を上げたい人におすすめです。

プログレッシブブラックジャック

プログレッシブブラックジャックは、条件が揃うことで世界中のプレイヤーたちが遊んで貯まった莫大な金額を一度に獲得できるジャックポットのあるブラックジャックです。

プレイヤーの手元にきたA(エース)の枚数や、スートによって配当が異なります。
同じスートのAが4枚揃うと「ジャックポット」となります。

ブラックジャックの種類に関するまとめ

これまで、ブラックジャックの種類について説明してきました。

ブラックジャックと一口に言っても、さまざまな種類のものが存在することが理解していただけたでしょう。
多種多様のブラックジャックがあり、それぞれ特徴やルールも違い、一般的なブラックジャックとは一味違った楽しみ方ができます。

今回紹介したことを参考に、自分のプレイスタイルや目的に合ったブラックジャックをプレイしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です